ん?気になりますか?! ほ~、そうですか…

スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ↓ ランキングに参加してます!ポチっと投票ヨロシクです( ̄▽ ̄)/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ






靴選びの極意♪
2011-11-11 (金) | 編集 |


 こんばんは~(^o^)/

 いいっすねぇ♪

 中華街・・・いいなぁ♪


 ま、男の子ってのは母親にお土産話なんて、なかなかしないものですョ^^

 かわいいお土産に美味しいお土産・・・

 いい息子さんですね♪


 それにしてもびっちりスケジュールではさぞ疲れたでしょうね。

 きっと歩き通しだったのでは?!


 僕は歩き方がちょっと変なのと、足の甲が高い為よ~く履きなれた靴じゃないと
長時間歩くことが出来ません^^;

 靴擦れ必至なんですよ・・・

 なので、靴を選ぶ時は慎重になってしまいます。


 ってわけで、今日は僕が持ってる「靴選びの極意」を伝授!!

 ・・・大袈裟ですね^^;

 意外と役立つ靴の選び方について書こうと思います♪



 "意外と"失敗しがち靴選び。

 いや、TPOとかファッションの話ではなくって、サイズや快適性のお話。

 
 まず、一番大切なことなのに守られていないこと。それは、

       必ず両足でためし履きをする

 ということ。

 きっと、「靴屋さんでためし履きをするのは片足で」って方がほとんどなんじゃ
 ないでしょうか?

 コレはいけません。なぜなら人間の足は左右対称ではないからです!

 健康ブームのおかげで、骨盤のズレにより左右の足の長さが同じではないという
 ことは良く知られるようになったのですが、元々人間の体は左右同じではありま
 せん。

 人間は工業製品ではないですからね。

 ですので、ためし履きは必ず両足履くようにしましょう。

 その上で最低限確認すべきは次の3点。

   ①つま先に1cm程度の余裕があること。

   ②足幅が一番広いところがフィットしていること。

   ③自分の土踏まずの形(カーブ)と靴のカーブがなるべくぴったり合っていること。

 ①に関してはそうされている方も多いと思いますが、足の変形の元にもなります
  ので、コレぐらいの余裕はあるべきです。
 
 ②に関しては足の感覚だけでなく、必ず手で触ってみて確認しましょう。

 ③に関しては以外に知られていないようですが、靴を履いたときに土踏
  まずの部分に隙間が出来るものは合っていない靴と考えましょう。

 まあ、このあたりはデザインとの兼ね合いで妥協される方も(特に女性は)みえると
 思いますが、せっかく買った靴がどうにも足に合わなくって履かなくなってしまった
 ら悲しいですからね。

 ただ履いてみるのと履いて歩くのでは全く違いますから、やはり上記の①~③
 を優先すべきでしょう。

 また、試し履きをする際は出来うることなら<太>少し歩かせてもらいましょう

 このときにかかとがパタパタと浮き上がるようなら完全にNGです。

 僕個人の意見として、コレをさせない、またはさせない雰囲気を出すお店or店員
 もNGだと思います(笑)。



 あっ!そうそう。この"靴選び"ですが、「最適な時間帯」があるのをご存知ですか?

 それは、ある程度疲れが出てきた夕方なんですよ!

 足というのは歩くほどにむくんでくるものなんです。つまり朝に比べて夕方の方が
 足が大きくなっているということなんですね(゜o゜)/

 なので靴を選ぶときは夕方足がある程度むくんだ状態で選ぶのがベターです。

 そうしないと後で「アレっ?!ちょっときつかったかな…」なんてことになって
 しまいかねません。

       靴選びは夕方に!!


 さて、そのほか気をつけたいのは、靴のサイズ表示ですね。

 スニーカーいいですよね(´▽`)僕は基本的にスニーカーしか履きません。

 このスニーカーなんですが、モノによってサイズを取っている部分が違うんですよ。

 普通は足のサイズ…つまり靴の内側のサイズで表示してあるんですが、中には
 「靴そのものの大きさ」を表示してあるものもあるんです。

 ですので自分のサイズをよく知っていて、表示してあるサイズが一致していても
 「ちょっとキツいな」と感じたら必ずワンサイズ上のものを試すようにしましょう。

 そういう意味で、「いつもこのサイズだから」って買い方も危険ですョ。



 ちなみに、サイズ表示のそばにアルファベットの"E"が付いているのがありますよね。

 あれって何か知ってますか?

 あれは、「足囲」といって足幅回りの大きさを表すものなんです。

  "E"が多くなるほど足囲があるということなんです。

 足の幅が広めの方はこの表示も最初に選ぶ目安にするといいかも知れません。


 
 靴選びは夕方に、履いて触って歩いて決めましょう!!



 てことで、ではまた(^^)
 



 ↓ ランキングに参加してます!ポチっと投票ヨロシクです( ̄▽ ̄)/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ






コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。