ん?気になりますか?! ほ~、そうですか…

スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ↓ ランキングに参加してます!ポチっと投票ヨロシクです( ̄▽ ̄)/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ






受験・・・好きになれないなぁ^^;
2011-12-17 (土) | 編集 |


 そうですか・・・アンニュイさんとこのご長男は来年高校生なんですね^^

 だったら巾着は・・・ヤバイねぇ( ̄ー ̄;)

 もっともっと女の子を意識して、高校デビューしちゃえばいいのに♪


 ところで、その前に受験ですね!

 僕の住んでいるトコは田舎ですので、私立小学校or中学校のいわゆる
「お受験」なんてものとは縁が無いので、高校受験が初めてふるいにかけ
られる経験になります。

 そう、初めて自身の能力を数値化されて、それにより人生を選択せねば
ならない事態になるわけです。


 ま、あくまで教育・学問に関しての能力値に関してであって、教育資源にも
限りがあることを考えれば効率的な方法だとは思います。

 ただ・・・

 それが全てのように錯覚してしまうこともあるんですよね・・・


 中学当時、この高校受験について友達と話している時・・・そして学校で志望校
毎に並ばされた時・・・


 自慢じゃないですが、僕はそんなに成績は悪くなかったのです。


 だから、比較的(この近所では)いい高校を志望する子だったのですが、それでも
イヤな感じでした。


 なにがって?


 ふるいにかけられていくコトがですョ!


 一部の・・・親からそういう教育を受けている子や塾通いしていた子達はその後の
人生を左右するかもしれない選択の時期が来ると知らされていたようですが、僕ら
ごく普通の子供には理解できていないことでした。


 いきなりすぎるんですよ。


 僕が・・・これについて正確に理解出来たのは受験して数年後・・・ずっと後になって
からでしたからね^^;


 小学校・中学校というところでは、そういった「人間のふるい」の存在を否定的に教育
しますよね?

 そう、道徳とか美徳とか言って。

 でも、それが現代社会では避けて通れない以上、そしてまた「勝ち組」などという言葉
がまかり通る世の中を許諾している以上、大人にはそれを子供に知らしめる義務がある
のではないでしょうか?

 それが子供には少々過酷な競争の姿であったとしても。


 そうでなければ、選択など出来ないはずなんです。

 準備が必要なんです。


 昨今共働きの家庭が多い中、子供の「ほんと」をちゃんと理解できるのでしょうか?!

 ムリでしょう。

 だから自主性に任せますか?


 だったら、教えておくべきなんです。

 いろいろと・・・ね。



 ↓ ランキングに参加してます!ポチっと投票ヨロシクです( ̄▽ ̄)/

人気ブログランキングへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ






コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。